ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 「ポントスのアルスィルダ王妃」について
投稿日: 2011/11/14(Mon) 01:05
投稿者カーザヴェーチャ

SAKURAさん、 はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

少しでもお勉強のお役に立てたら、何よりうれしいです。

> 「Ben conosco a poco a poco」は、どの場面で、誰が歌って
> いるのでしょうか?

このアリアは、第二幕第二場でバルザーネが歌うアリアです。
兄タメーゼに扮したリゼアは、地下牢に囚われているバルザーネを訪ね、
お前がアルスィルダにうつつを抜かしたために、お前の許婚だった妹は
死んでしまったではないかとなじります。バルザーネはとまどいつつも
本心を包み隠さず語り、リゼアが生きていれば、なぜ過ちを犯したか
理由を述べたのにと答えます。これ以上いると気持ちが抑えられなくなり
自分の正体が相手にバレてしまうことをおそれたリゼアは立ち去ります。
そのあとに歌うのがこのアリアです。

「実は・・・」というのがやたらに多いだけでなく、顔を見れば相手がだれだか
分かりそうなものを、ともどかしくなる筋書きですので、あらすじをご覧になると、
もっとよくお分かりいただけると思います。このBBS2の過去ログのタブをクリックして、
ダイアログボックスに「アルスィルダ」と入力すると、No.1574 の記事、
『ポントス女王アルスィルダ』のあらすじに行き着きます。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー