ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル RV725 『オリンピアーデ』のあらすじ
投稿日: 2011/07/03(Sun) 13:55
投稿者カーザヴェーチャ

好事家さん、お待たせしました。以下があらすじです。

【背景】
ペルポネソス半島の町オリュンピア(イタリア語はオリンピア)に近い、オリンピック開催の地エーリス(イタリア語はエーリデ)が舞台です。

登場人物は、アテネの貴族出身の競技者メガクレ、スィキュオン(イタリア語はスィチョーネ)の僭主クリステーネ、
クリステーネの息女である王女アリステア、クリステーネの腹心であるアルカンドゥロ、クレタの王子リチダ、
リチダの恋人のアルジェーネ、そしてリチダの召使であるアミンタの7名です。

それぞれの人間関係を見ると、メガクレは王女アリステアに恋をしていて、アリステアも密かにメガクレを恋い慕っているのですが、
父王クリステーネの命令で、二人は引き離されています。リチダとメガクレは親友です。リチダにはアルジェーネという恋人がいますが、
父親のクレタ王の意思で引き離されています。

【第一幕】
リチダは友達のメガクレが来るのを今や遅しと待っている。実は、暴君のクリステーネが、オリンピックの優勝者には
褒美として王女アリステアを降嫁させると宣言したのだった。そこで、メガクレに自分に扮して競技に出てもらい、
褒美であるアリステアをまんまと妻にせしめようという魂胆だった。もちろん、リチダは、メガクレとアリステアが
互いに惹かれあっているとは想像だにしていなかった。親友に頼み込まれたメガクレは、まさか恋い慕う相手が優勝者の
褒美として差し出されるとは知らずに、命の恩人の名前を名乗るのは名誉なことだと喜んで引き受ける(トラック6のアリア)。
リチダは、これでアリステアが自分のものになると思うと、嬉しさに居ても立ってもいられなくなる(トラック8のアリア)。
しかし、召使のアミンタは、恋にうつつをぬかすことがいかに危険であるか思いをめぐらす(トラック10のアリア)。
エーリス山のふもとでは、羊飼いの娘に身をやつしたアルジェーネが、羊飼いたちの素朴な暮らしを讃える(トラック11の合唱)。
そこにアリステアが現れたので、アルジェーネは自分が高貴な出であることを明かす。アリステアはアリステアで、
メガクレ以外の人の妻になるのではないか心配でいられないとアルジェーネに打ち明け、メガクレも競技に参加させてやるよう
父王に懇願しようと心に決める。しかし、クリステーネは娘の頼みを頑として聞き入れず、リチダが参加すると言う(トラック14のアリア)。
アリステアは後ろ髪を引かれる思いでアルジェーネをひとり残して、自分の運命をのろいつつ父王のあとを追う(トラック16のアリア)。
ひとりになったアルジェーネは、わが身の不運を嘆き、恋人の不実なふるまいをかこつ(トラック18のアリア)。
メガクレはリチダに再び会うと、リチダから、アリステアに恋をした、何とか心を射止めたいと打ち明けられる。
メガクレは、自分が愛している女を他の男に差し出すために闘おうとしていたのかと判り、悲痛な思いを必死に押し隠す。
リチダは、友達の幸せな姿を思えば夢もより甘美なものになるだろうと言いおいてその場を去る(トラック20のアリア)。
ひとりになったメガクレは、怒りと心の苦しみを思い切り吐露する(トラック21のレチタティーヴォ・アッコンパニャート)。
そこにアリステアがやってくる。思いもよらずメガクレがエーリスにいるので、自分を勝ち取ろうとしていると思い込む。
メガクレは仕方がなく、アリステアにそう思わせておき、「もうお会いすることもあるまい」と言い残して立ち去ろうとする。
思いも寄らない別れの言葉にアリステアは気が動転する(トラック23のデュエット)。

【第二幕】
アルジェーネとアリステアが競技の結果を待ちわびているところへ、アルカンドゥロがリチダ優勝の知らせをもたらし、
二人ともすっかり気落ちしてしまう。アルカンドゥロはアリステアに神殿に同行してくれるよう丁重に頼む(トラック1のアリア)。
アリステアは、「自分の人生はもう終わった」と言って去る(トラック5のアリア)。
アルジェーネがまさかエーリスにいるとは思っていなかったアミンタは、怒りの標的にされる(トラック7のアリア)。
ひとり恋の浮き沈みを目の当たりにすることになったアミンタは、様々に思いを巡らせる(トラック9のアリア)。
メガクレをリチダだと思っているクリステーネは、メガクレを競技の優勝者として迎える。メガクレは父親の同意を得るため
一度クレタに戻りたいと願う。メガクレがその場を去ろうとした矢先、アリステアが父王のもとに戻って来る。
クリステーネはアリステアに、メガクレを競技の勝利者だと言って引き合わせる(トラック12のアリア)。
アリステアと二人きりになると、メガクレは気持ちのはやるアリステアに自分はリチダの代わりに闘ったのだと打ち明ける。
あまりのことにアリステアは気絶してしまい、メガクレは逃げ出す(トラック15のレチタティーヴォ・アッコンパニャート)。
メガクレはリチダのもとに行き、アリステアに行き先を尋ねられたら、死んだと言ってくれと頼む(トラック17のアリア)。
アリステアは、メガクレに捨てられたと分かり、悲嘆を切々と訴え、リチダを罵倒する(トラック19のアリア)。
そこへアルジェーネが現れて、リチダが勝利を騙し取ったとクリステーネに訴え出るつもりだと言い、その真意を明かす。
リチダの召使アミンタがやって来て、メガクレがアルフェオ川に身を投げて入水自殺したと言う。さらに、クリステーネの腹心
アルカンドゥロが現れ、リチダに僭主クリステーネの命令を伝える。リチダの姦計はクリステーネの知るところとなり、
リチダを死罪に値するところ国外追放の刑に処すという王の命令が下ったと言う。リチダは良心の呵責にさいなまれ、
挙句の果てに狂乱状態におちいる(トラック24のアリア)。 

【第三幕】
メガクレは、一度は漁師に命を救われたが、ふたたび自殺を試みようとしてアミンタに引き止められる。ちょうどその頃、
アルジェーネも命を絶とうとしていたアリステアを押しとどめていた。四人は別々の道で逃避行にあったが、
たまたま道が交差するところで出会い、メガクレとアリステアは奇跡的に再会を果たすことができたのだった。
そこへアルカンドゥロが追いつき、競技会最後の神事として生贄の儀式を執り行っている所へ乱心したリチダが現れ、
クリステーネ王を殺そうとしたと一行に告げる(トラック3のアリア)。
アリステアは、メガクレへの愛から、王殺しの罪に恩赦で臨むよう何とか説き伏せてみようと決意する(トラック5のアリア)。
メガクレも、リチダとの友情は永遠のものであり、少しも揺らぐことははないと断言する(トラック7のアリア)。
そこへ取り乱したアミンタが現れ、リチダは死刑、アリステアの懇願は却下、メガクレは逮捕せよとの命令が下ったと告げる。
アルジェーネは、愛も友情と同じく、揺るがないことを見せようと、愛するリチダを救い出す方法を考える(トラック9のアリア)。
アミンタはいたたまれず、王の下に行き、王の怒りを浴びて主人リチダと運命を共にする決意をする(トラック11のアリア)。

クリステーネはゼウスの大神殿を背に、処刑場に向かうリチダを先頭に立ててしずしずと進む(トラック15の合唱)。
リチダは死ぬ前に一目メガクレに会いたいと願う。死を前にした罪人の哀れな姿に暴君も心が動揺する(トラック13のアリア)。
メガクレとリチダが今生の別れを交わすと、アルカンドゥロは処刑の時を告げ、神官たちにリチダを押さえるように言う。
リチダは祭壇の前に跪き、クリステーネ王は神聖な斧をしっかりと握る(トラック16のレチタティーヴォ・アッコンパニャート)。
まさにそのとき、神殿へアルジェーネが駆け込み、リチダではなく自分こそ死刑にしてくれるようにと嘆願する。
そして、王にリチダが愛の証として自分に渡した首飾りを見せる。その首飾りに王は見覚えがあった。それは、デルフォイの神託に従い、
腹心のアルカンドゥロに川に捨てさせた、アリステアの双子の兄弟フィリンドの首にかけてあったものだったからだ。
デルフォイの神託によると、フィリンドは長じてから父親殺しの罪を犯すというものだった。アルカンドゥロが前に進み出て、
死んだはずのフィリンドが生きていた理由を打ち明ける。川に流すようにと言う王の命令だったが、赤子を殺す勇気がなく、
アミンタに託した。だが、アミンタも赤子を殺すには忍びなく、クレタ王に養子として引き取ってもらったと言う。
こうしてリチダことフィリンドの運命は民衆の判断に委ねら、民衆は父親殺しの罪を認めずリチダは自由の身となった(最後のトラックの合唱)。
                           −完−



これは蛇足です。CDの出演者たちの読み方は以下の通りです。
サラ・ミンガルド、ロベルタ・インヴェルニッツィ、ソーニア・プリーナ、マリアンナ・クリコーヴァ、
ラウラ・ジョルダーノ、リッカルド・ノヴァーロ、セルジョ・フォレスティ、コンチェルト・イタリアーノです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー