ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル RV694『平和と軍神マルスの同盟』
投稿日: 2011/06/17(Fri) 19:59
投稿者カーザヴェーチャ

RV694『平和と軍神マルスの同盟』は、ルイ15世に双子の王女ルイーズ・エリザベートとアンヌ・アンリエットが
誕生したことを祝して作曲された三声のセレナータで、駐ヴェネツィア共和国フランス大使の
(BBS3のNo.2105のスレッドでも紹介した)ジェルジ伯ジャック=ヴァンサン・ランゲに献呈されました。
オペラとセレナータの違いは、大雑把に(このごろザックリという妙な表現が電波芸人を中心に流行っていますね)言うと、
劇場で上演されて登場人物も多いのがオペラ、わずかな登場人物で貴族の邸宅などで上演されるのがセレナータです。

上演は、1727年9月21日(翌月に出たフランスの「ル・メルキュール・ギャラン」誌によれば19日)の夕べに行なわれました。
夜目にも鮮やかに照らし出された高さ18メートルの舞台は、運河に浮かべた幅15メートルもある筏の上に設えられたもので、
中央の太陽の宮殿を黄道十二宮が取り囲むよう作られていました。多くの観客は立ったまま大規模な合奏と合唱を楽しんだそうです。
残念ながら、アントニオ・グロッサテスタのリブレットは残っているのですが、楽譜のほうは完全に失われてしまいました。

今回のニュースは、ヴィヴァルディが1730年にプラハのシュポルク劇場のために書き、その後散逸されたと思われていたオペラ
RV697『アルジッポ』の楽譜のほぼ3分の2を、レーゲンスブルクにあるトゥルン・ウント・タクシス侯爵邸で2007年に発見するや、
残りの3分の1をそのころに書かれたヴィヴァルディの他のオペラから補って全体を復元し、早くも2008年5月3日に
歌手13名と手兵のHofmusici合奏団24名を率いて、プラハ城で278年ぶりに再演したオンジェイ・マツェクが、
残された『平和と軍神マルスの同盟』のリブレットを読み、「うむ、これなら行ける」、と他のオペラのアリアや、
RV759としてまとめられたばらばらのアリアもおそらく使って、この三声のセレナータを復元したというものです。

そして、今日(2011年6月17日)始まる「プラハ・バロック・フェスティヴァル」に掛けようと言うのです。
上演の日程は来月7月4日で、場所はプラハ城のふもとにあるLedebour庭園で行われる予定です。
なお、マツェクによると、1727年の上演はカンナレージョ区のマドンナ・デッロルト教会に隣接する庭園だったとのことです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー