ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: リコルディの楽譜の新、旧の判別について
投稿日: 2011/04/22(Fri) 15:30
投稿者カーザヴェーチャ

黒猫さん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

お尋ねの件ですが、結論から申しますと、流通経路で何らかのトラブルが起きた可能性があります。
ヤマハ銀座店の楽譜売り場に確認したところ、表紙がないまま商品を売ることはないとのことでした。

リコルディ社からヴィヴァルディ関係で出ている楽譜には、ヴィヴァルディ全集に基づく器楽曲のスコアと、
器楽曲に限らず声楽曲も含めたパート譜と解説(イタリア語と英語併記)付きのスコアがあります。

見た目については、全集のほう、いわゆる旧版は、くすんだ草色で、表紙の頭に、
ISTITUTO ITALIANO ANTONIO VIVALDI(イタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会)とあり、
その下に全集番号がTOMO で示されています。作品の分類はファンナ番号に拠っていますので、
「田園風」なら作品名の下にF.XI n.o 11と書いてあります。

一方、全集でない、いわゆる新版のほうは、くすんだうぐいす色で、表紙の頭の
ISTITUTO ITALIANO ANTONIO VIVALDIの上にそれよりやや小さめの文字で、
FONDAZIONE GIORGIO CINI(ジョルジョ・チーニ財団)にという文字が付け加えられています。
そして、何よりも目を引くのは、その下に巨大な文字でANTONIO VIVALDIと書かれ、
さらに、ヴィヴァルディが自筆の楽譜に、好んで書き込んでいたアナグラム、
日本でいえば花押に当たるもののコピーが表紙を飾っていることです。
作品の分類は、ファンナとRV番号の両建てになっていて、TOMOはありません。

黒猫さんがお求めになった楽譜は、リコルディの全集に入っている曲でありながら
パート譜が付いているので、リコルディ社がドイツの巨大メディア複合企業の
ベルテルスマンBertelsmannの傘下に入って以来、合奏団用の楽譜も
用意するようになったのか、それとも、以前からプロ用にセットを販売していたのか、
私にはわかりません。リコルディのホームページを調べたところ、このセットは、
カタログ番号がNR 13450900で、ISMN(国際標準楽譜番号)はM-041-34509-3です。
ちなみに価格はIVA(付加価値税)込みで22.88ユーロです。

お示しになった楽譜に書かれた文字の意味は次のとおりです。

> Nelle pubbliche escuzioni e obbligatorio inserire nei programmi il nome del revisore

公の演奏で使用する場合は、プログラムに校訂者の名前を明記すること。

> G.F.Malipiero

作曲家、音楽学者、教育家、編集者だったGian Francesco Malipiero
ジャン・フランチェスコ・マリピエロ(1882-1973)。ヴィヴァルディ全集の校訂者のひとりです。

>Renewed 1977 by BMG RICORDI MUSIC PUBLISHING S.p.A. - via G. Berchet, 2 - 20121 Milano

BMG RICORDI MUSIC PUBLISHING社(ミラノ市G. Berchet通り2番、郵便番号20121)により1977年リニューアル。

> Tutti i diritti riservati - All rights reserved

不許複製・禁無断転載

> ・ページ右下にある番号(商品コード?):127950-I

残念ながら、存じません。

> Stampato da Selecta Milano Ristampa 2006

ミラノ、セレクタ社 2006年重版

間にヤマハが入ったのでしたら、カタログ番号とISMN番号で問い合わせてみてはいかがでしょうか?


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー