ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 器楽・声楽作品リストについて
投稿日: 2011/01/14(Fri) 13:11
投稿者 カーザヴェーチャ

名無しさま、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

> RV562の備考欄にあるRV206はRV208の誤りではないでしょうか。

作品リストのタイプミスをご指摘いただき、まことにありがとうございました。早速RV206をRV208に訂正いたしました。
十分気をつけているつもりですが、それでも自分で書いたものは、読み返しても脳が自動修正しながら読んでしまうので、
つい見落としがちです。そんなとき、第三者からのご指摘が何にもましてありがたいです。本当に助かりました。
また、皆様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

> また、RV797はクレドではなくマニフィカトでは。

RV797につきましては、以下の理由によりそのままにさせていただきます。
この新発見についての論考が行なわれたのは、私の知る限り(と申しますのも、手持ちのInformazioni e Studi Vivaldianiの
バックナンバーに欠番がありますので)、Informazioni e Studi Vivaldianiが装いも新たにStudi Vivaldianiとなった
2001年第1巻のコラム、Miscellany(執筆担当はマイケル・タルボット)p.157の次の記述です。

 「RV797 散逸していた"Magnificat ex Gb"・・・(略)・・・ RV617bとほとんど同じなので新作ではない・・・(以下略)」

ところが、3年後の2004年第4巻の同コラムp.123では、同じ作品がRV592として語られています。そこでは、1995年に出た自著の
"The Sacred Vocal Music of Antonio Vivaldi"の中で、RV592の作曲者をハッセHasseとしてしまったが、それは楽譜の所有者の
ヴァイセWeisseの読み間違いだということを、この楽譜を校訂したピョートル・マクレヴィッチの指摘で初めて気が付いたと述べています。
しかし、タルボット自身が楽譜を見たはずのRV797が、いつ「マニフィカート」ではなく「クレド」と同定されたのかについては一言もありません。
その後、2007年に出版された改訂増補版のリオムのリスト、"Vivaldi Wekverzeichnis"には、RV797はVerschollen(散逸)という肩書きつきで
Credo G-durとなっています。RV592の注記には作曲者がヴィヴァルディというのは疑わしい、次のRV797も参照のことと書かれていて、
RV797には、当時のカタログにVivaldi作曲と書かれているに過ぎないという内容の注記が付いています。
そのため、時系列的に一番新しいリオムの分類に従うことにしましたが、新しいニュースが入り次第皆様にお知らせいたします。

では、今後とも何卒よろしくお願い致します。ほかにもお気づきの点がございましたら、遠慮なくご指摘願えれば大変ありがたいです。

訂正に関わることでしたので、取り急ぎ書き込みましたが、他のBBSも含めたその他のことにつきましては、
来週の週末あたりにまとめて書き込みたいと思っております。悪しからず。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー