ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: 勝利のユディータ
投稿日: 2010/06/15(Tue) 00:22
投稿者ペパーミント


> ウェブで調べて見たら、ヨーヨー・マのアルバム、"Vivaldi's Cello"の日本語盤ですね。
そうです。1年以上前に買って聴いていました。その時からこの"Noli o cara te adorantis"が大好きでした。

> キリストが復活して最初に出会った女がマグダラのマリアで、そのとき「私に触るな」と言ったと、新約聖書にあります。
> キリストの言葉もすべてラテン語となりました。この言葉もラテン語ではNoli me tangere.です。
> すなわち否定命令の形で、アリアでも使われているのですが、意味があべこべになってはいけませんね。
フラ・アンジェリコの美しいフレスコ画に同じ題のものがあり、「われに触れるな」とありましたので、"Noli..."は、否定命令なのだな?と思っていました。でも、「慕ってはならぬ」とはどういうことなのだろうかと考えたりしていました。

> 誤訳と言えば・・
> 寡婦はユディータではなくアブラになっています。「さあ、さあ、わたしについておいで、
> つれあいをなくした愛するアブラ」と訳してしまったからです。おそらくAbra amata(大好きなアブラ)の後に
> 良く似た音型でSponso orbata(夫を亡くした)と続けたあと、伴奏だけとなって歌は一旦休止するので、
> 前の部分につながるものとばかり思い込んだのでしょう。
外国語を訳すのは難しいのですね・・。今回、訳してくださってほんとうに有難いです。

他にもいろいろ教えてくださって(ヴェネト語の州歌まで!!)ありがとうございました!


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー