ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: 勝利のユディータ
投稿日: 2010/06/14(Mon) 01:57
投稿者カーザヴェーチャ

> 私の書き方が悪かったようです・・、
いえいえ、私こそ、そそっかしくてすみません。よく読みなおしてみれば良かったです。

>「おお愛しき人よ、慕ってはならぬ」となっていることです。それだと全然逆の意味になってしまいますから・・。
ウェブで調べて見たら、ヨーヨー・マのアルバム、"Vivaldi's Cello"の日本語盤ですね。私のは輸入盤ですので
[SONY CLASSICS:SK90916]気が付きませんでした。
キリストが復活して最初に出会った女がマグダラのマリアで、そのとき「私に触るな」と言ったと、新約聖書にあります。
ローマ帝国の国教となって、聖書はヘブライ語からギリシア語さらにラテン語へと翻訳され、
キリストの言葉もすべてラテン語となりました。この言葉もラテン語ではNoli me tangere.です。
すなわち否定命令の形で、アリアでも使われているのですが、意味があべこべになってはいけませんね。

誤訳と言えば、ネグリの『ユディータ』は、もともと1974年にLP3枚組みのアルバム[PHILIPS:SFX-9567〜69]で
出たものを1991年にCDに焼きなおしたもので、元のLPのアルバムには有難いことに、日本語の解説と
対訳が付いていました。しかし残念ながら"Veni, veni me sequere fida"の訳詩では、
寡婦はユディータではなくアブラになっています。「さあ、さあ、わたしについておいで、
つれあいをなくした愛するアブラ」と訳してしまったからです。おそらくAbra amata(大好きなアブラ)の後に
良く似た音型でSponso orbata(夫を亡くした)と続けたあと、伴奏だけとなって歌は一旦休止するので、
前の部分につながるものとばかり思い込んだのでしょう。

> この、「ユディータ」を題材にした戯曲などはあるでしょうか?また、「勝利のユディータ」のお薦め盤を教えていただけますか?
「ユディータ」は1つのイコンとして、多くの絵画で取り上げられましたが、20世紀初頭には詩や戯曲、映画にもなっています。
詳細は、Margarita Stockerの"Judith sexual worrior - Women and Power in Western Culture",Yale University Press,
New Heaven, 1998. をご覧下さい。

ネグリのこのCDは音質があまり良くありませんが、なかなかの名盤だと思います。古楽器の演奏でお聴きになりたければ、
アレッサンドゥロ・デ・マルキのCDもあります[OPUS111:OP30314]。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー