ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 勝利のユディータ
投稿日: 2010/06/08(Tue) 02:53
投稿者カーザヴェーチャ

ペパーミントさん、

>ヴィットリオ・ネグリのCDですが・・・。実は私の買ったのは輸入盤でした。
後で気が付いたのですが、私もどうかしていました。そんな9年前のアルバムをいつまでも
レコード会社が倉庫に眠らせておくわけがありません。商品が眠っていようがいまいが税金がかかりますから。

>この心に残る4曲のアリアの歌詞の日本語訳を教えていただきたいのです。
拙い訳ですが、以下のとおりです。ラテン語の原詩はライナーズノートでお持ちでしょうから訳詩のみ記します。

"Nil arma, nil bella"(武器も戦も)
 武器も戦も、
 怒りの炎も、
 兵士の士気がくじければ
 何の役に立とう
 だが、希望を胸に戦えば
 希望が戦場での勇気を培う

"Veni, veni, me sequere fida Abra amata"(来て、来て、こっちよ。大好き な頼もしいアブラ)
 来て、来て、こっちよ。
 大好きな頼もしいアブラ。
 夫を亡くした私は、あなたを相手に
 キジバトのように嘆き託つわ
 この苦しいときにあって
 あなたは心を許せる友
 恐ろしい務めを果たしたら
 私もあなたと幸せを分かち合うわ

"Noli o cara te adorantis"(はねつけないでおくれ、愛しい人よ、あなたを慕う戦士の)
 はねつけないでおくれ、愛しい人よ、
 あなたを慕う戦士の心からの願いを
 恋する者の心のため息に
 せめても耳を傾けておくれ

"Transit aetas"(人生は過ぎ行き)
 人生は過ぎ行き、
 歳月は流れ去る
 身に降りかかる不幸は
 私たち自身が招くもの
 不滅の魂はとわに生きるとも
 この世の愛も情熱も煙と消える
 
> "Transit aetas"・・・ホロフェルネスの歌う最後のアリアなんですね・・・
 いえ、これはユディータがホロフェルネスを酒で酔い潰そうとする前のやり取りの中で歌うアリアです。
 色香に迷って酔い潰された挙句、寝首をかかれようとは夢にもおもわなかったホロフェルネスが最後に歌うアリアが
"Noli o cara te adorantis"です。

>ヒロイン、ユディ-タの心中はどうだったのか。そういう複雑な心理描写はされているのでしょうか?
 かなりうまく表現されていると思います。まず、"Transit aetas"で人生のむなしさや命のはかなさを歌い、
"Vivat in pace"(平和に生きるように)で、すべては平和な暮らしを取り戻すための凶行であることをほのめかしますが、
"In somno profundo"(深い眠りに)は安心して深い眠りに付く様を歌いながらも、歌詞の後半は血の海を予言する
まがまがしい内容であるためか、全曲悲劇的は様相を呈し、特に後半はユディータの苦悩を描いて実に重苦しいです。
それはそのまま凶行の場面を描く弦楽伴奏つきのレチタティーヴォ・アッコンパニャートへと続いて行きます。

> "Salve invitcta Juditha"はヴェネト州の歌(州歌?)なのでしょうか?
良くご存知ですね!『ユディータ』のフィナーレのコーラス"Salve invicta Juditha formosa"(麗しき無敵のユディータ、万歳)は、
現代のイタリア北部分離独立主義者たちが作ったヴェネト国歌の旋律に、いつのまにやら使われてしまったようです。
1716年に、オスマン帝国の包囲網からコルフ島を救い出した戦勝を記念して作られたこのオラトリオには、
<根っからの怠惰と袖の下を要求するための繁文縟礼な官僚主義により、イタリア社会の足を常に引っ張ってきた南部の連中に
これ以上好き勝手なまねはさせない、分離独立だ>と主張する人たちにとって、格別な思いを抱かせる何かがあるのでしょうね。

ヴェネト方言で書かれた歌詞の最初の部分をご紹介しましょう。

Na Bandiera, na Lengoa, na Storia 1つの旗、1つの言語、1つの歴史が
Le ne da sivilta, forsa e gloria    高い文化と力と栄光をもたらす
E ’l futuro splendor le tien alto    輝やける未来を高くかかげる
Del gran popolo fiol de San Marco   聖マルコの子たる偉大なる民

Na nasion, un cor solo, na voxe   1つの国家、1つの心、1つの声、
Cei e veci, toxati e toxe      老若男女、故地は異なれど
Che ’ntel cor i conserva ’l Leon   心の中に常に獅子を宿す
No i se ciama mai vinti,       一度たりとも負けを知らぬ者たちは
I fa su i fondaminti      新たな明日の礎を築く
De un novo doman.

最後は以下のように終わります。
Viva! Viva! Viva! Libarta!     自由、万歳、万歳、万歳!
Senpre! Senpre! Senpre! Libarta!  いつも、いつも、いつも、自由!

ヴィヴァルディは、きっと草葉の陰で目を丸くしていることでしょう。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー