ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/23(Mon) 14:28
投稿者ペパーミント

カーザヴェーチャさん、おやっ?と思うことがあり、以下その事を書きます。

私はローランド・ウィルソン率いる、MUSICA FIATA・LA CAPELLA DUCALE の“VESPROS PER VERGINE”が好きで、特にその中の様々なオブリガート楽器が次々奏でられるNISI DOMINUS(RV803)は歌も演奏も素晴らしいです。(歌が好きです!)ヴィオラダモーレがNisi Dominus custodieritに、シャリュモーがCum dederit 、トロンバマリーナ風ヴァイオリンがSicut sagittae、オルガンがGloria Patriに。チェロを伴ったSUSANNE RYDENの歌う“Beatus Vir”はあまりに美しいです…。好きでたまらないので詩を解りたく聖書を開いてみたら(どこでも詩編第126篇と記載・登録されているようですが)、私の僅かな語学力で題「主が家を建てられるのでなければ」だけでなく本文も調べると127篇ではないかと…。聖書は万国共通のはずですよね?それと、こちらのレフェランスにあるRV807とRV803の使用楽器など逆ではないでしょうか?また、ウィルソンはRV807・RV803両方共ガルッピ作だと思われていた、とライナーに書いているようです。大好きな楽曲なので長々と書いてしまいましたが…どうすれば…?

よろしくお願いします。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー