ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^5: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/17(Tue) 20:18
投稿者ペパーミント

こいもさん☆こちらこそありがとうございます。本当に「カモメたちの歌」はこいもさんの言うとおり、ピエタにつながりそうなお話ですね。こいもさんは感性が豊かですね☆

今回私は『ピエタ』を読んでほしいある人について書きます。

それは昔から身近にいた人で…彼女は子供時代あちこちに預けられ辛かったそうですが…音楽家だった従兄弟(ヴァイオリニストではありませんが)のいた親類の家にいた時は、従兄弟を慕って楽しかったと何度も話してくれました。私は常に彼女の聞き役でした。私がヴィヴァルディの音楽に心を動かされるのは…そういうことがあるからかもしれません。読書好きの人でしたから『ピエタ』を読んだらきっと<L'estro armonico>を聞きたがると思います。ピエタには少女たちの心情が切々と書かれていますね…。それとこいもさんや大須賀さんの過去のコメントに、ふと少女時代の彼女の姿が目に浮かぶように思い、彼女の元に本を供えました。彼女の好きな水仙とともに。

私は『調和の霊感』にはいろんな物語がつまっているように思うけど第12番、特に第1楽章はすごく明るくて、最後にすべてを肯定しているような希望が感じられて好きなんですよ♪


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー