ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/16(Mon) 19:34
投稿者畑野こいも

またまた心の込もったお返事と励ましをありがとうございます♪♪
私も、ペパーミントさんとカーザヴェーチャさんのコメントを見て、すごく嬉しくて、読みながら笑顔になっていました(笑)。

ヴェネツィアのカーニヴァルも、とても憧れているものの一つです。本当に大好き!まだ写真でしか見たことがありませんが、ヴィヴァルディゆかりの場所巡りとあわせて本物を見ることができたらどんなに素晴らしいかと、これも10年以上夢見ています。
自分なりの変身プランも、こっそり練っていたりします(あとは仮面があれば、言うことなしでしょうか)。

「ぼくの歌が君に届きますように」に収録されているお話の中では「ピエタ」と「カモメたちの歌」が特に好きです。
「カモメたちの歌」は、「ピエタ」とは時代も場所も違いますが、設定といい、全体的に扱っているテーマといい何といい、私には「ピエタ」とは関連がある(そのように編集した)ようにしか思えません。切ないお話ですが…。「ピエタ」を全て読んだ後に「カモメたちの歌」→「ピエタ」の順で読むと、胸が熱くなります。

「ピエタ」と「カモメたちの歌」を読んでから、ヴィヴァルディの音楽を聴いた時に見えたり感じたり、心に届いたりするものが、以前とは変わった感じがしています。自分の中で、より一層深まったというか、「今までは感じてきたけど上手く言葉にできない・どう説明したらよいかわからない」ことが形になったというか。

私にとって、「ピエタ」との出会いはとても大きな出会いでした。繰り返しになりますが、「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー