ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/11(Wed) 00:48
投稿者カーザヴェーチャ

> さては『ピエタ』効果かも?なんて思い、笑いながらスタッフに本を手渡しました。
>ひょっとしたら『ピエタ』を読んだ人たちがもう、この「赤毛の司祭」を見にやってきているかもしれませんね!
ひょっとしたら、とっくにひょっとしているかもしれません。大歓迎です。

> 約一年前、パンシェルルの本をやっと借りられたまさにその夜、TVでラ・プティット・バンドの演奏会の放送があり、
何か不思議な呼応ってありますね。私も、ピエタとヴィヴァルディが中年期に住んでいた家のちょうど真ん中あたりにある
古い貴族の館の一隅を、ちょっとした偶然から借りることができたときは狂喜乱舞しました。

>18世紀の服装をしたヴィヴァルディの姿を、時折、ステージ上の演奏者たちの横に思い浮かべながら…。
それでしたら、カーニヴァルのときにヴェネツィアを訪れるのがおすすめです。イタリアは現在共和国ですが、ヴェネツィア貴族の末裔たちは、
そんな時代の流れにお構いなく、ヴィヴァルディの時代の衣装に身を包み、伊達なステッキを手に優雅に町を散策します。
彼らの姿は周りの佇まいにすっかり溶け込み、本当にバロック時代にワープしたのではないかという眩暈におそわれます。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー