ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/11(Wed) 00:30
投稿者カーザヴェーチャ

> できれば20代のうちに叶えたいものですが、果たして…。
夢が叶う時はきっとやって来ます。私もはじめて飛行機に乗ったのは20代後半で、それまでは海外旅行といえば江ノ島ばかりでしたから。

>今度は友人や知人に貸そうと思っています。それから、今月(11月)に誕生日を迎えるいとこにもプレゼントするつもりです。
そうですか!ご紹介してよかったです。

>作中に出てくる「L'estro armonico」が協奏曲集「調和の霊感」(作品3)であることに気付く方がいるかどうか
この作品集の日本語訳が『調和の霊感』だったり『調和の幻想』だったりするので、思い切って原題をお付けになったのではないでしょうか。
ま、ググればヒットするのではないでしょうか。と、ググってみたら、おやおや成蹊大学管弦楽団の名前でぞろぞろでてきました。
ヴィヴァルディの作品であることは、だいぶ下のほうでやっと見つかりましたが、ヤフー・エンジンのほうはやや絶望的ですね…。

> ぜひとも今すぐCDショップに行って「調和の霊感」のCDを買ってきて、聴きながら読んでほしいですね。
ところで、あの小説の中では12曲のうち何番を演奏したかと想像しながら読むのも楽しいですね。

> 読んだ方がヴィヴァルディとその音楽を好きになる、興味を持つ、そして仲良くなるきっかけになったらすごく素敵なことだと思います!
本当にそうなることを祈っています!

ところで、このBBS2のトップ・ページの過去ログ・ボタンを押していただき、画面が現れたら左下の数字の2を押していただくと、
以前に大須賀さんからいただいた「L'estro armonico」のタイトルの由来についてのご質問にお答えしたスレッドがあります。No.1495-No.1505


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー