ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/10(Tue) 22:35
投稿者ペパーミント

そしてさらに、パンシェルルの本から、では21世紀現在の教会ピエタ(ST.MARIA DELLA PIETA)はどうなっているのだろうと考えたとき、私のしたことは「検索」ではなく書店へ行きイタリア旅行雑誌を手に入れることでした。全く未知だったヴェネツィア。添付の詳細地図をたどり、スキアヴォーニの河岸探しから始め、ついにピエタ教会を発見したときは、「あった!あった!」と20回ほど言い、しばらくはただただ嬉しくて笑っていました。(これを読まれた方は、さぞお笑いになることでしょう(*^^*)。が、本人はいたって真面目。なにしろこのサイトの存在すら全く知らなかったころのことです。)

その後日、NHKーFMできいた、ヴェニス・バロック・オーケストラのローマでの歌劇『怒りのオルランド』のライヴ録音は、観衆の熱い歓声や拍手、チューニング音まで混じり、18世紀からの中継?と錯覚するほどの迫真のステージで「なんだかヴィヴァルディの時代の劇場に迷いこんだような…」と解説者の言うとおり、とても不思議なタイムスリップ感覚を楽しみました。VENEZIAへ行くことができれば、もっと満喫できることでしょう。だけど私にはVENEZIAはあまりに遠いです…。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー