ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/10(Tue) 22:31
投稿者ペパーミント

小説『ピエタ』から『調和の霊感(L'estro armonico)』まで到達する方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。もちろん、あの『四季』の作曲者の話だろうか?と思いつつ読み進める方は、確実にいると思います。中学校で音楽の授業で聞くでしょうし。どちらにせよ、『ピエタ』から放たれた種が、たぶんこの短編小説集を手に取って読むであろう、とても若い人たちにどう「届き」、受け止められ、育まれていくか楽しみですね。

先日、図書館へパンシェルルの『ヴィヴァルディ』の貸出延長手続きをしに行くと、予約が入っているとのことでやむなく返却したのですが、さては『ピエタ』効果かも?なんて思い、笑いながらスタッフに本を手渡しました。ひょっとしたら『ピエタ』を読んだ人たちがもう、この「赤毛の司祭」を見にやってきているかもしれませんね!

約一年前、パンシェルルの本をやっと借りられたまさにその夜、TVでラ・プティット・バンドの演奏会の放送があり、本の中で何度も見た『ゴシキヒワ』など初めて聞き、嬉しくて顔いっぱいに笑いながら観ていました。18世紀の服装をしたヴィヴァルディの姿を、時折、ステージ上の演奏者たちの横に思い浮かべながら…。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー