ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/01(Sun) 21:22
投稿者カーザヴェーチャ

> まだわずか2年目のヴィヴァルディファンです。
2年目とは言え、ヴィヴァルディの音楽の本質をよくつかんだコメントをお寄せいただき、頼もしい限りです。

>「う〜ん、なるほど」と納得させられるような・・・。……読んでしまうのがもったいなかったです。
>最後、時空を越えてこちらまで音楽が聴こえてくるような気がして感動!でした。
作者の大島さんに直接お会いして、ヴィヴァルディとその音楽について語り合ったことはありませんが、
ヴィヴァルディと愛弟子の姿を彷彿とさせる巧みな描写力には恐れ入りました。それを可能としたのは、
ヴィヴァルディへの情愛に満ちたまなざしではないでしょうか。

> 「ピエタの小さな博物館『アントニオ・ヴィヴァルディ』」はヴェネツィアのピエタでないと入手できないのでしょうか?それとも?
こいもさんにレスしましたように、目下のところ、いかんともしがたい状況にあります。ただ、どうしても言うことでしたら、
ペパーミントさんもこいもさんも、メールをいただければ可能性を探ってみます。たとえピエタに原本を注文しても、
パンフレットで配布している翻訳版を添付してくれるとは思えませんので。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー