ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/01(Sun) 21:04
投稿者カーザヴェーチャ

> ヴィヴァルディとイ・ムジチ合奏団が大好きになって13年以上たちました。
>人生の半分以上をヴィヴァルディの音楽と一緒に過ごしています。もう、一生のお付き合いです。
こいもさんは当年26歳とおっしゃると、ヴィヴァルディに目覚めたのは私より早かったのですね。私は15歳ころでしたから。
それでも、若いころの私みたいでとても親近感を覚えます。 お書きになってらっしゃるようにきっと一生のお付き合いになることでしょう。
18世紀の佇まいでストップしたようなヴェネツィアにいらっしゃれば、ヴィヴァルディの存在をますます近くにお感じになるかと思います。
と同時に、いくら滞在を延ばしてもヴィヴァルディや、ピエタの愛弟子たちをはじめ、ヴィヴァルディの周囲にいた人々と会えないのだ、
それどころか、彼らの過ごした時代からますます時間的に遠ざかって行くのだなあという、奇妙な寂しさも味わうことにもなりますが。

> 大学生になったばかりの頃(7年前)にこのホームページを見つけて感激し、1回だけあいさつのコメントを書き込みました。
そうでしたか。今お使いのハンドルネームで検索をかけてみましたが、残念ながら見当たりませんでした。おそらく操作に不慣れなころの
手違いからいくつかお書き込みが消えたことがあり、その中にあったのかもしれません。申し訳ないことをいたしました。

> 本当に心あたたまる素敵な小説ですね……、もうすごくじ〜んとしました。私が、ヴィヴァルディと彼の音楽に対してずっと感じてきたことが
>全て二人の会話や思いの中にあって、涙が止まりません。もう、何度も読み返しています。
そこまで感激して下さると、作者の大島真寿美さんも作家冥利に尽きる思いでいらっしゃることでしょう。熱心に資料をお読みになり、
編集者を通じていろいろとご質問をいただきましたので、可能な限りお手伝いさせていただいた私も、とてもうれしいです。

>「ピエタの小さな博物館『アントニオ・ヴィヴァルディ』」ですが、…どこの書店でも取り扱っていなくて…。
主な資料としてお使いになった、「ピエタの小さな博物館『アントニオ・ヴィヴァルディ』」の原典は、博物館で8ユーロで売られている
カラー写真豊富なイタリア語の小冊子です。ただし、内容的には薄いので、ヴィヴァルディ研究家である著者のミッキー・ホワイトさんに
予め許可を頂いて、ホワイトさんがウェブ上で何本か発表されていた論文の内容を、本文の随所にちりばめることで内容を充実させました。
そうした作業を進める中で、おやっ?と思った箇所に直接ご本人に質問することができたのは何よりの収穫でした。

この翻訳版の出版については、日本語翻訳の依頼をホワイトさんから直接依頼されて、私にその意向を伝えてくださり、
翻訳にあたっては一部をお手伝いいただいたテレゼッタさんが、数年前に某出版社に掛け合ってくださったのですが、
残念ながら企画書が通らなくてそのままになっております。今回もポプラ社の編集者からご連絡をいただいた折に、いっそのこと、
出版されてはいかがでしょうかと持ちかけたのですが、ご存知のように出版界全体が大変厳しい状況にあり、なかなか難しいようです。

では、これからもどうぞお気軽にお書き込みください。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー