ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/01(Sun) 12:45
投稿者ペパーミント

こいもさん、はじめまして、ペパーミントと申します。こいもさんのコメントを見つけ、嬉しくてコメントさせていただきます。私も『ピエタ』読みましたよ!こいもさんは13年間もヴィヴァルディのファンで『ピエタ』に涙がとまらないなんて、素敵な方!私は、まだわずか2年目のヴィヴァルディファンです。小説の感想はうまく言えませんが、その描写から、私にはわからなかったヴィヴァルディの実像?人間像が浮かび上がってくるような、本当の天才音楽家ってきっとこんな風なんだろうな…と、「う〜ん、なるほど」と納得させられるような・・・。ピエタの生徒の立場となって、尊い師弟愛や音楽の素晴らしさ等が描かれた作品は貴重で意義があると思います。読んでしまうのがもったいなかったです。最後、時空を越えてこちらまで音楽が聴こえてくるような気がして感動!でした。作家の方のヴィヴァルディへの深い愛を感じます。

こいもさん、これからもよろしくお願いします。お話きかせて下さい。私もコメントするの恥ずかしいんです^_^;

「ピエタの小さな博物館『アントニオ・ヴィヴァルディ』」はヴェネツィアのピエタでないと入手できないのでしょうか?それとも?


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー