ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 『ジュスティーノ』のあらすじ
投稿日: 2009/06/17(Wed) 23:14
投稿者カーザヴェーチャ

nanaさん、大変お待たせしました。
要約する時間がありませんでしたので、ライナーズ・ノートのベタ訳です。

【第一幕】
寿ぐ貴族や市民の歓呼を前に、ビザンティン帝国(東ローマ帝国)皇帝アナスタズィオ(アナスタシウス)を皇帝位に付ける愛妻アリアンナ(アリアドネ)。
そこへ全軍の司令官アマンツィオが登場し、帝位簒奪をねらうヴィタリアーノ(ウィタリアヌス)討伐の指揮を一刻も早くとるよう促す。
ヴィタリアーノは陣頭に立って帝都間近に迫っているという。ヴィタリアーノの使者ポリダルテが来て、アリアンナがヴィタリアーノ妻になることを条件に
和平に応じようと申し出る。憤激したアナスタズィオは無礼きわまる要求をはねつけると、アリアンナへの愛を滔滔と述べ、
ヴィタリアーノを必ず討って見せると言う。そう言い残すと全軍を指揮するため立ち去る。アリアンナは隠れて夫に付いて行く決心をする。
一日のきつい労働を終えた若き農夫ジュスティーノ(ユスティヌス)は、一休みしようと鋤に腰かけているうちに眠ってしまう。
突然、運命の女神が姿を現わし、立派な手柄を立てるように、そうすれば名声と富と権力はお前のものだと励ます。
目を覚ましたジュスティーノは、夢に心を動かされて田舎暮らしを捨て、運命の女神フォルトゥーナが指し示す道を進む。
そこへ突然、獰猛な熊に追われて逃げ惑うアナスタズィオの妹のレオカスタが現れる。ジュスティーノは躊躇なく熊に立ち向かい殺してしまう。
ジュスティーノの勇気と粗野な美しさに惹かれたレオカスタは、帝都ビザンティウムに同行するよう誘う。アリアンナはアマンツィオに、
夜の帳が下りたらただちに、戦場に向かうアナスタズィオの後を追うことに決めたと告げる。ふいにアナスタズィオが亡命の姫君フラーヴィアを伴って現れる。
この姫君は実はヴィタリアーノの弟アンドゥローニコで、レオカスタを恋慕うあまり、そばに近づけるように女装しているのだった。
そこへレオカスタとジュスティーノがやって来てフラーヴィアとばったり会う。ジュスティーノは偽姫君の波乱にみちた生き方に興味を抱き、
彼女を支えようと申し出たため、レオカスタの嫉妬を買う。アナスタズィオが苦悶の表情を浮かべて戻り、
アリアンナが敵勢に囚われたという悲しい知らせをもたらす。レオカスタはジュスティーノを兄の皇帝に謁見させ、
自分を襲った熊にいかに勇敢に立ち向かって討ち取ったかを語る。アナスタズィオはジュスティーノを自分の衛兵に任命し戦場へと向かう。
ジュスティーノは後に従う。フラーヴィアが本当は誰なのか知らないレオカスタは、フラーヴィアがジュスティーノに恋心を抱いたのではないかと嫉妬する。
フラーヴィアことアンドゥローニコはその場に一人となると、レオカスタが恋しいあまり、そばにいれば彼女の心を射止められるのではないかと期待して
、女装することを選んだと告白する。帝都コンスタンティノポリス(ビザンティウムの後代の地名)の城壁前の戦場で、
攻めかかる兵士たちをヴィタリアーノは鼓舞して回る。ポリダルテが囚われの身となったアリアンナを引っ立てて来る。
彼女に夢中なヴィタリアーノは何とか自分の妻になるよう説得を試みるが、刑罰として恐ろしい海の怪獣の餌食にすると言っても彼女は屈しようとしない。

【第二幕】
嵐の中で沈没した船を捨てたアナスタズィオとジュスティーノは何とか陸に泳ぎ着き、漁師の小屋に身を隠す。そこへポリダルテが現れ、
引き連れていたアリアンナを鎖で岩に縛り付ける。旨そうな餌の匂いをかぎつけて海の怪獣が現れると、アリアンナににじり寄る。
アリアンナは神々の名前を呼んで救いを求める。そこへ悲鳴を聞きつけたジュスティーノが剣を握り締めて現れ、怪獣を倒すとアリアンナの縛めを解く。
アナスタズィオは喜びに打ち震えながら再び会うことのできたアリアンナを抱きしめる。ジュスティーノにはたっぷり褒美をとらすと約束する。
後悔の念に打ちひしがれたヴィタリアーノが登場し、怪獣が斃れているのを見て、アリアンナの命が助かっているよう祈る。
王宮の庭園ではレオカスタがフラーヴィアことアンドゥローニコに、アリアンナが命の恩人のジュスティーノに示した感謝の表現が気にかかると打ち明けると、
フラーヴィアことアンドゥローニコはレオカスタに、兵士に身をやつして戦場のジュスティーノのもとに行ったら疑念がはれるだろうと勧める
(イタリア語から英語に翻訳した人は、原文のquest’ultima le suggerisceの箇所がわからなかったようで、
レオカスタのほうから行くことをほのめかしたと誤訳しています。しかし、後で出てくる誤訳に比べたらずっとましです)。
そこへアリアンナが現れ、二人にジュスティーノの武勲の数々について語る。二人は神殿に行くという口実でその場を去る。
一人残ったアリアンナは、戦場で戦っている愛しい夫と離れていなければならないわびしさをかこつ。
玉座に着くと、アナスタズィオは手にした勝利を祝う。ジュスティーノは鎖につながれたヴィタリアーノを皇帝アナスタズィオの前に引っ立ててくると、
敵の最後の抵抗にとどめを刺すため戦場に戻っていく。二心あるアマンツィオ司令官は、ジュスティーノを貶めるため、
権力を手に入れようと野心を抱いていると讒言し、アリアンナのジュスティーノに対する厚情も度がすぎているとほのめかす。
そしてヴィタリアーノの王冠を飾っていた宝石をアナスタズィオに捧げて、忠誠心に一点の曇りもないと言い切る。
アリアンナは自分を海の怪獣の餌食にしようとしたヴィタリアーノに復讐すると言って脅す。すると、ヴィタリアーノは、
アリアンナへの熱い思いに突き動かされてやっただけだ、いつでも潔く死ぬ覚悟だと弁解する。アリアンナは夫アナスタズィオのもとに行き、
ジュスティーノにもっと多くの褒美を取らせてくれるように懇願する。そのためアマンツィオからさんざん吹き込まれていたアナスタズィオは、
嫉妬のほむらを燃え上がらせてしまう。(ここです。英語のとんでもない誤訳は。ちょっとすごいので、原文と英文の対訳をあげておきます。
alimentando cosi la gelosia del consorte / thus fostering his wife’s jealousyさっきの誤訳もそうですが原因は同じ。
男性名詞と女性名詞を見分けられなかったのです。男性定冠詞が前に付いて、ちゃんとdelになっているのに。
英語であらすじを読んだ方はここに至って頭の中がぐにゃぐにゃになったことでしょう。実はアリアンナは男でアナスタズィオは女帝だったのか!
アンドゥローニコも女装して全然ばれる様子はないし、何なんだ、一体!と)アナスタズィオはアリアンナにヴィタリアーノの王冠の宝石を贈る。
どのような危険が待ち受けているか知らずにアリアンナは大喜びする。フラーヴィアは、深い森を横切りながら、
ジュスティーノの戦っている戦場に向かっているものとばかり思っていたレオカスタに、自分はアンドゥローニコだと正体を明かし、
彼女に思いの丈をぶつけて犯そうとまでする。折りよくジュスティーノが助けに現れ、捕らわれたアンドゥローニコは牢獄に入れられる。
感動の余り、レオカスタはジュスティーノに恋を打ち明ける。ジュスティーノも同じ思いでいることを知ってレオカスタは喜ぶ。
ジュスティーノは己の立てた手柄を振り返り気持ちが高ぶる。

【第三幕】
ヴィタリアーノとアンドゥローニコは幽閉されていた搭から何とか脱出する。ヴィタリアーノは復讐に燃える。王宮の后の間では、
アリアンナがアナスタズィオから贈られた宝石を礼の印にジュスティーノに下賜する。隠れて一部始終を見ていたアマンツィオは、
すぐにアナスタズィオに事の顛末を告げる。ジュスティーノはアリアンナにこうしたふるまいは羨望を刺激するだけだと忠告するが、
アリアンナは聞く耳を持たない。アリアンナはアナスタズィオへの愛に夢中だった。アマンツィオの話を聞いた皇帝は、
烈火のごとく怒って、ジュスティーノを捉えて牢にいれ、その後処刑するように、またアリアンナは追放の刑に処すようにと命じる。
レオカスタは牢に引きずられていくジュスティーノの姿を偶然見て、何とか救い出すか、ジュスティーノと共に死ぬかだと決意する。
アマンツィオは計略がうまく進むので、帝位を我が物にできると確信してほくそえむ。(レオカスタに救い出された)ジュスティーノは、
山間の道なき道を進むうちに疲れ果てて眠ってしまう。ヴィタリアーノとアンドゥローニコは眠りこけている男を偶然見つける。
それがジュスティーノだとわかって殺そうとする。そのとき、目がくらむほどの閃光が走り、山が割れて中からヴィタリアーノの父王の墓が現れる。
墓の中から声がとどろき、殺人を犯してはならぬと厳命する。ジュスティーノは幼いころ虎に連れ去られた兄弟だと言う。
ヴィタリアーノはジュスティーノの左腕に一門の印を認めて弟だとわかる。こうして三兄弟は再会を果たし、手をとって和解すると、
アマンツィオの謀反から帝国を救うためにビザンティウムにただちに引き返す。王宮では、ジュスティーノを逃すことに成功したレオカスタは、
アリアンナに謀反のことを告げ、アマンツィオの陰謀を知らせようと二人はアナスタズィオを急いで探すが、アマンツィオはすでに権力を掌中にし、
自ら皇帝を宣言していた。鎖につながれたアナスタズィオとアリアンナを自分の前に引っ立ててこさせると、二人に死刑を言い渡す。
そこへジュスティーノが兄弟を伴ってなだれ込む。兄弟の忠実な将兵を前にして、アマンツィオの衛兵は逃げ出し、アマンツィオは入牢となる。
アナスタズィオはジュスティーノが王家の出であることを知って、共同で国を治めるべく副皇帝に任じると約束する。平和が再び戻り、
最愛の妻アリアンナと和解する。ジュスティーノがいかにアマンツィオを成敗し帝国を危機から救ったかポリダルテから詳しく聞いていたレオカスタは、
幸せな気持ちでジュスティーノを迎える準備をする。ファーマの神殿でアナスタズィオはジュスティーノとレオカスタの婚儀を執り行う。
そして平安を取り戻した群集の喜びに満ちた歓呼の中その輝かしい武勲への褒賞として副皇帝の冠を戴かせる。
(完)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー