ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: ジュスティーノ
投稿日: 2009/06/03(Wed) 22:57
投稿者カーザヴェーチャ

nanaさん、お久しぶりです!

第一幕第八場で、東ローマ(ビザンチン)帝国皇帝アナスターズィオ(アナスタシウス:ジュスティーノ(ユスティヌス)の父)が歌うこのアリアは、
『ジュスティーノ』のアリアの中でも飛びぬけて優れたアリアのひとつで、その情緒纏綿とした旋律は心に深く染みとおっていきます。
BBS3No.1459にも書きましたが、この魅惑的な旋律はヴァイオリン協奏曲RV387の第二楽章のトゥッティでも使われています。
お馴染みジャルースキとスピノーズィのコンビがCDを出していますが、例の独りよがりの演奏解釈を見せ付けるスピノーズィと、
モテットだろうがオペラのアリアだろうが室内カンタータ風に仕上げてしまうジャルースキの組み合わせより、名盤として推したい
ヴェラルディ率いるアレッサンドゥロ・ストラデッラ・コンソートいよる全曲録音盤でのマヌエラ・カスターの歌唱のほうが、
このアリアに託された想いが良く伝わってくるように私には感じられます。

3年前にkuwamanさんとおっしゃる方からこの歌詞の訳を頼まれたことがあります。
多少手直ししたものを以下に載せておきますので、ご笑覧ください。

Vedro’con mio diletto         よろこびと共に会わん
l’alma dell’alma mia,         限りなく愛しい人に
il core del mio cor,          わが胸の奥は
pien di contento,            満ち足りて
il cor di questo cor,         わが胸の奥は
pien di contento            満ち足りて

E se dal caro oggetto          愛しき人から
lungi convien che sia          遠く離れてあらねば
sospirero’ penando           漏れるため息の
ogni momento              止むことなし

あらすじについては、また近いうちに書き込みますので、暫くお待ちください。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー