[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^6: ご教授お願い致します。
記事No2418   [関連記事]
投稿日: 2018/03/13(Tue) 23:31
投稿者通りすがり
この曲は、第1楽章と第2楽章のソロはヴァイオリンのみですが、第3楽章にオルガンのオブリガートが加わりますね。
このように、途中の楽章でソロ楽器が加わるのは当時としては一般的だったのでしょうか。

タイトルRe^5: ご教授お願い致します。
記事No2417   [関連記事]
投稿日: 2018/03/13(Tue) 19:23
投稿者ソロの魅力
詳しいご説明ありがとうございます。 またお手数をおかけいたしました。 やはりヴィヴァルディの偉大さがヒシヒシと伝わる内容だと思います。当時のあらゆる作曲家がヴィヴァルディの先輩・後輩を問わず彼の曲を引用、借用等して、自分のポテンシャルを高めていたのだと改めて感じました。

タイトルRe^4: ご教授お願い致します。
記事No2416   [関連記事]
投稿日: 2018/03/13(Tue) 02:43
投稿者カーザヴェーチャ
大変お待たせしました。やっとわかりましたので以下にご報告します。

リオムのカタログの解説とヴィヴァルディ研究家のタルボットの論文によると、8小節からなるRV335の第二楽章は、
ヴァイオリンと通奏低音のための曲ですが、ペプーシュが伴奏部に弦楽を加え、ラルゴをアダージョにして借用したそうです。
ペプーシュの弟子のスウェーデン人ローマンは逆に、RV335 の第1楽章と第3楽章を借用して、第二楽章を自作で埋めています。

RV335は1717年にロンドンでThe Favourite Concerto として単独に出版されたため、英語のタイトルの
The Cuckow(現代英語の綴りはcuckooですが)が付いています。実は、イタリア中部のアドリア海に面した町
アンコーナにはもう1つヴァージョンがあって、こちらの題名はIl Rosignuolo、つまりナイチンゲールです。
カッコウというと午前中のイメージがありますが、こちらは小夜啼鳥で夕暮れや夜明け前のイメージです。

それはさておき、アンコーナ版の第二楽章は、ローマンの場合と同じく、ヴェラチーニが自作を入れています。
そのため、以前はRV335aとなっていましたが、現在はRV Anh.14として分類されています。
非常にヴィヴァルディ的な曲のようですが、ヴェラチーニとする根拠は、ヴィヴァルディはイ長調を
シャープ3つで表記するのに、ヴェラチーニはシャープ2つ。ソには臨時記号を付けるからだそうです。

タイトルRe^3: ご教授お願い致します。
記事No2415   [関連記事]
投稿日: 2018/03/06(Tue) 21:29
投稿者カーザヴェーチャ
ペプーシュのヴァイオリン協奏曲イ長調の第二楽章を最初の部分だけですが、NAXOSのサイトで聴くことができました。
ありがとうございます。確かに、ヴィヴァルディのRV335ヴァイオリン協奏曲イ長調『カッコウ』の第二楽章ですね。
驚きました。早速わかる範囲で調べてみます。

タイトルRe^2: ご教授お願い致します。
記事No2414   [関連記事]
投稿日: 2018/03/05(Mon) 19:51
投稿者ソロの魅力
> なぜ誰もチェンバロ用に編曲しないのか、よくわかりません。ピアノ用の編曲があるのに。ただひとつ考えられるのは、
> メロディーがピアノと違って強弱のつけられないチェンバロには向いていないためなのかもしれません。
そうですね。バッハ編曲の一連の協奏曲もチェンバロ独奏ですし、
聞き比べても遥かに原曲の方がすばらしい!です。

>ヨハン・クリストフ・ペープッシュのヴァイオリン協奏曲イ長調
> 音源をお教えくださると助かります。
株マーキュリーから出ているCD RAMEE原盤 RAM1109
ペープシュの協奏曲・序曲さまざまです。

タイトルRe: ご教授お願い致します。
記事No2413   [関連記事]
投稿日: 2018/03/04(Sun) 22:08
投稿者カーザヴェーチャ
なぜ誰もチェンバロ用に編曲しないのか、よくわかりません。ピアノ用の編曲があるのに。ただひとつ考えられるのは、
メロディーがピアノと違って強弱のつけられないチェンバロには向いていないためなのかもしれません。

>ヨハン・クリストフ・ペープッシュのヴァイオリン協奏曲イ長調
音源をお教えくださると助かります。

タイトルご教授お願い致します。
記事No2412   [関連記事]
投稿日: 2018/02/26(Mon) 20:26
投稿者ソロの魅力
唐突ですみません。 以前からの疑問なんですが、ヴィヴァルディの超有名曲作品8第1番から第4番通称四季について、様々な楽器(ピアノ、フルート、オルガン、シンセ、琴、ジャズ等々)による編曲がなされ録音されているにも関わらずバロック時代にはなくてはならないチェンバロによる版がないのは何故だとおもいますか? 是非チェンバロ協奏曲として聴きたいものです。(唯一存在していたと思っていたチェンバロ協奏曲が抹消され非常に残念に思っています。) また四季の人気は日本固有のものと言っている(た)評論家達がいますが、筋違いも甚だしいと思いませんか?もし日本だけが特別だとしたら世界をまたにかけて演奏している名ヴァイオリニスト達がこぞってレコーディングしている事実をそして現代の作曲家達(リヒター等)が編曲している事実をどう説明するのでしょうか。そのような事を言う人たちは所詮ヴィヴァルディの偉大さが分からないだけの阿呆だと言うのは言い過ぎでしょうか。ヴィヴァルディが好きすぎて過激になって仕舞いました。確かに四季だけではヴィヴァルディの偉大さはわからないでしょうが。(四季以外の曲の方がはるかにすばらい!)
 あとヨハン・クリストフ・ペープッシュのヴァイオリン協奏曲イ長調の第2楽章ヴィヴァルディのかっこう協奏曲第2楽章と同じに聞こえるのは自分だけでしょうか?

タイトルRe: ヨーロッパの国名が付いたフルート協奏曲
記事No2411   [関連記事]
投稿日: 2018/02/11(Sun) 01:30
投稿者カーザヴェーチャ
アウグスブルク大学図書館長のギュンター・グリュンシュトライデルが、学術誌Studi Vivaldiani(ヴィヴァルディ研究)の
2015年号(5〜11頁)に、”Vienna Maggio 1741”, ein Unbekannter Brief Antonio Vivaldis an Graf Johann Friedrich zu
Oettingen Wallerstein(「1741年5月ウィーン」‐エッティンゲン・ヴァーラーシュタイン家のヨハン・フリードリッヒ伯爵に
宛てたアントニオ・ヴィヴァルディの未知の手紙)の題名で発表した論文によると、ごく最近、著者グリュンシュトライデルが、
ハンブルクにあるエッティンゲン・ヴァーラーシュタイン家ゆかりのハルブルク城で発見したものです。

当時の当主のヨハン・(カール・)フリードリッヒは26歳の青年で、ウィーンの館(日本で言えば江戸の大名屋敷)に住んで、
父祖代々の重職に身を置き、神聖ローマ帝国の内政に携わっていました。趣味はフルートで、大のヴィヴァルディ・ファンでした。
皇帝カール6世の死去により、国は14か月間の喪に服し、オペラの上演がことごとく禁じられたために、当初の目論見が
大きく外れて経済的苦境に立たされたヴィヴァルディにとっては、楽譜を買ってくれる心強い有力なパトロンでした。
何度か謁見を求めて邸宅を訪れるのですが、散々待たされた挙句、所用で会えないという素っ気ない返事ばかり。
そこで、伯爵の召使に手紙を添えて、諸国の名前の付いた6曲のフルート協奏曲の1曲『フランス』を手渡したのですが、
今日まで伝わっているのは、残念ながら手紙だけで、肝心のフルート協奏曲はどこかへ散逸してしまったそうです。

タイトルヨーロッパの国名が付いたフルート協奏曲
記事No2410   [関連記事]
投稿日: 2018/02/10(Sat) 16:48
投稿者通りすがり
本サイトの作品目録に、フルート協奏曲(RV 821 - RV 826)が掲載されています。
最晩年の1741年の手紙に同封されていたことと、標題がヨーロッパの国名であることなど興味津々ですが、残念ながら楽譜は散逸とのこと。
最近発見された曲なのでしょうか。

タイトルRe^2: ピエタ慈善院の音楽室
記事No2408   [関連記事]
投稿日: 2015/04/20(Mon) 00:25
投稿者カーザヴェーチャ
ピエタ慈善院がどのようなものだったかについては、著作や論文が出ていますが、音楽室がどのようなものだったかについては、
改めていろいろと調べてみましたが見当たりませんでした。また、イタリア語の文献はあっても、英語と日本語の文献に限ると、
英語では以下の著作とヴィヴァルディ研究家として著名なミッキー・ホワイト女史の講演のハンドアウト、日本語では
2006年に東京学芸大学の室町さやか女史が紀要に発表した論文あたりが、間接的ながらお役にたつかと思います。

Jane L. Baldauf-Berdes: WOMEN MUSICIANS - Musical Foundations, 1525-1855 - ,
Clarendon Press, Oxford, 2004(repr.), 1996(Cor. and Add.), 1993.

Micky White: “Vivaldi and the Pieta”,
www.oxfordgirlschoir.co.uk/events/Micky_White_lecture.pdf

室町さやか「17-18世紀におけるヴェネツィアの福祉施設オスペダーレの音楽活動について」『学校教育学研究論集(14)』(2006)所収。

(なお、No.2406のお書き込みにその前の分が写っておりましたので修正させていただきました。)