[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^2: ピエタ慈善院の音楽室
記事No2408   [関連記事]
投稿日: 2015/04/20(Mon) 00:25
投稿者カーザヴェーチャ
ピエタ慈善院がどのようなものだったかについては、著作や論文が出ていますが、音楽室がどのようなものだったかについては、
改めていろいろと調べてみましたが見当たりませんでした。また、イタリア語の文献はあっても、英語と日本語の文献に限ると、
英語では以下の著作とヴィヴァルディ研究家として著名なミッキー・ホワイト女史の講演のハンドアウト、日本語では
2006年に東京学芸大学の室町さやか女史が紀要に発表した論文あたりが、間接的ながらお役にたつかと思います。

Jane L. Baldauf-Berdes: WOMEN MUSICIANS - Musical Foundations, 1525-1855 - ,
Clarendon Press, Oxford, 2004(repr.), 1996(Cor. and Add.), 1993.

Micky White: “Vivaldi and the Pieta”,
www.oxfordgirlschoir.co.uk/events/Micky_White_lecture.pdf

室町さやか「17-18世紀におけるヴェネツィアの福祉施設オスペダーレの音楽活動について」『学校教育学研究論集(14)』(2006)所収。

(なお、No.2406のお書き込みにその前の分が写っておりましたので修正させていただきました。)

タイトルRe: ピエタ慈善院の音楽室
記事No2407   [関連記事]
投稿日: 2015/04/19(Sun) 07:04
投稿者キノコ
早速のお返事に感謝いたします。今後ともよろしくお願いします。
no.2405の投稿で図版のページをP22としましたが、正しくはp41でした。
編集の仕方がわからないので、ここで訂正させていただきます。

図版ではなく文章での解説(日本語又は英語)で、ピエタ慈善院の音楽室について書かれたものをご推薦いただけますでしょうか。
お願いばかりで心苦しく思いますが、よろしくお願いします。

タイトルRe: ピエタ慈善院の音楽室
記事No2406   [関連記事]
投稿日: 2015/04/19(Sun) 01:45
投稿者カーザヴェーチャ
キノコさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

>こちらのサイトで信憑性に欠けると評されていて落胆しています。

パンシェルルとカンデ両方の日本語版が出たのが1970年。それから28年たって出たこの本はカラー図版も多く、
最初手に取った時はとても良い印象でした。しかし、読み進むうちに、その内容のあまりにものデタラメぶりに、
期待したぶん落胆も大きかったです。何よりも、ファンの方に間違った知識を持たれてはたまらないとの思いから、
具体的に間違い個所を指摘して、どこが問題なのか、なるべく詳しくご説明する決心をした次第です。

>音楽室の記述として正確なものをご推薦いただけますでしょうか。

あいにくと、ピエタ慈善院の建物と付属の教会は、ヴィヴァルディの死後に大きく建て替えられてしまいました。
そのため、現在入手できる建物と教会の詳しい平面図は、建て替えられた後のもので、私が大島さんに提供した資料も
実はこの平面図なのです。ヴィヴァルディが活躍していたころのピエタの設計図はおそらく現在のピエタ教会か、
あるいはピエタ慈善院の後身である県立慈悲の聖母マリア児童施設が所有しているかもしれません。
したがって、音楽室ではヴィヴァルディのように、外部から来る教師には入室から退室まではもちろん、
レッスン中も修道女が1名必ず付き添っていたとか、Wikipedia の「ピエタ院」にも書かせてもらいましたが、
取り壊す前の慈善院内部の様子や広さがかくかくしかじかだったとか書けるだけの資料は残っていても、
具体的に知るための肝心の具体的な平面図は、私の知る限り公にされていないようです。

おそらく、2009年にイタリア最高の文学賞であるストレーガ賞を『スターバトマーテル』で受賞した、
ヴェネツィア出身のスカルパも見たことがないのではないかと思います。それが証拠に、
ピエタ慈善院の一階にトイレがある設定になっていますが、この時代のヴェネツィアをはじめ
ヨーロッパにはトイレがなく、ベッドの下のオマルに用を足し、終われば運河へ捨てていました。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルピエタ慈善院の音楽室
記事No2405   [関連記事]
投稿日: 2015/04/18(Sat) 19:06
投稿者キノコ
はじめて投稿させていただきます。
小説「ピエタ」を読んで、ピエタ慈善院に興味をもつようになりました。
パム・ブラウン著の「ビバルディ」を読んでみたのですが、こちらのサイトで信憑性に欠けると評されていて落胆しています。
ピエタ慈善院の音楽室の図版とされているもの(P22)は、慈善院のものではないとのことですが、音楽室の記述として正確なものをご推薦いただけますでしょうか。図版もあるなら、みてみたいと思います。教会と同じように、格子のある廻廊だったのでしょうか。(教会ではないので、廻廊とは言わないのかもしれませんが)。

タイトルRe: 弦楽のための協奏曲
記事No2404   [関連記事]
投稿日: 2015/03/16(Mon) 23:22
投稿者 カーザヴェーチャ
リトルネロさん、初めまして。「赤毛の司祭」へようこそ!
(以前にお書き込みいただいたことのあるリトルネッロさんではありませんよね?)
今回のようにレスに時間のかかるときもありますが、どうぞこれに懲りずによろしくお願いします。

Concerto ripienoという用語には、大まかにわけて二通りの意味があります。一つは、ヴィヴァルディよりずっと先輩の
コレッリが活躍した時代に流行った合奏協奏曲で使われる用語です。合奏協奏曲は、独奏部を担当する小さなグループと、
独奏者を含まない大きなグループとの掛け合いで構成されています。この大きいグループをコンチェルト・リピエーノ
Concerto ripienoと言い、小さいほうのグループをコンチェルティーノconcertino と言います。

時代がやや下ると、独奏部のない楽曲だけで構成された作品までもコンチェルト・リピエーノと呼ぶようになり、
ここにヴィヴァルディのコンチェルト・リピエーノは位置づけられています。しかし、楽譜にそう明記されているのは、
シンフォニーアsinfoniaを除く弦楽合奏曲全46曲(2015年現在)中、RV115、RV152、RV158の3曲しかありません。
様式や曲想からみても他の弦楽合奏曲と変わらないのに、なぜこの3曲だけジャンルが明記されているのか不明です。

シンフォニーアはオペラやセレナータ(貴族の館や臨時に設えた屋外ステージなどの劇場以外で行われる小規模なオペラ)の
序曲として作曲されましたが、コンチェルト・リピエーノなどの弦楽合奏曲が何のために作曲されたかについてはやや不明で、
タルボット(2011)などは、ピエタ音楽院に残された筆写譜にはこうした形式の楽曲が残されていないことから、
貴族の庭園で行われる宴のBGMとして使われたのではないかという説に立っています。注意しなくてはならないのは、
シンフォニーアと違って、対位法的に厳格な作風が多く、中にはRV120、RV123、RV124やRV152はフーガを含んでいて、
とてもではないがレクリエーションどころの気分ではないと感じるのは現代人の感覚だということです。
レクリエーションには、もっと軽くて明るい曲がふさわしいという感覚になるには、この後のロココ、前古典派を経て、
古典派のモーツァルトのディヴェルティメントdivertimento(原義は「娯楽」や「気晴らし」)まで時の流れが必要です。

因みに、中にはジャンル名と曲の目的が一致していない例外もあります。その最たる例がRV169のシンフォニーア
『聖墓のそばで』Al Santo Sepolcroです。オペラの序曲としてはまったく不向きなのに、シンフォニーアなのです。
極めて完成度の高い傑作中の傑作で、毎年行われる原爆慰霊祭で使われるバッハの俗に『G線上のアリア』で知られる
BWV1068『管弦楽組曲第3番』第2楽章「アリア」よりも、曲が醸し出すしめやかな雰囲気はこちらのほうがはるかに
ふさわしいと思います。原爆という人類史上初の(そして最後になることを祈る)大量人体実験(プルトニウムとウランの
二種類の放射能がそれぞれ人体に及ぼす影響をアメリカはぜひとも知りたかったのであって、戦争の早期終結が目的
というのは後付けの理由です)の被害者となられた方々の鎮魂を心から願い、遺族の悲しみと苦しみを偲ぶには、
BWV1068の「アリア」が醸し出す雰囲気では少々軽すぎるように私には思えます。

少々脱線しますと、2010年にMotherという母性と子供への虐待をテーマとしたドラマが、日テレで放映されましたが、
その主題曲にオペラRV714『忠実な妖精』La Fida Ninfaの第三幕の第十一場でリコーリが切々と歌うアリア
「私の胸は喜びと愛で」”Dalla gioia e dall’amore”が使われていたなら、さらに多くの涙が流れたのではないでしょうか。
第何話だったかに、幼い女の子(天才的な子役芦田愛菜のはまり役)が、なかなか会ってくれない「お母さん」
(これまたはまり役の松雪泰子が演じる教師で、女の子を実の母親の虐待から守ろうと二人で逃亡中の女性)に、
預けられている施設から、月が照らす深夜に、そっと電話をかけます。最初は心配をかけまいとして、
努めて明るい平静な口調でとりとめのない話をしていた女の子が、ついにはこらえ切れなくなって、
ぽろぽろ涙を流しながら「どうして迎えに来てくれないの?さみしいよ」と電話口でしゃくりあげる場面に、
アリア後半の繰り返し部分の冒頭、「この人はオズミーノだわ!」”Questi e Osmino”を重ねれば、視聴者はきっと
滂沱の涙を流したのではないでしょうか。そうした効果を期待するには、スピノーズィ指揮のアンサンブル・
マテウスの演奏を背景にサンドゥリーヌ・ピオーがリコーリ役を務めなければならないでしょうが…。
このアリアが現代人に与える印象は悲痛さだろうと思いますが、歌詞は「私の胸は喜びと愛で今にも裂けそう。
この人はオズミーノだわ!心の声が彼に間違いないと言っている」という再会に対する喜びを謳ったものです。
短調が必ずしも悲嘆を表すとは限らないところが難しいですね。

昔、古今亭志ん朝という比較的に早くこの世を去ってしまった大変な名人がいて、『二番煎じ』という落語を
よくかけました。寒い夜に火の用心の夜回りをしてきた町内の旦那衆が番小屋で役人の目を盗んで
内緒の酒盛りをするというストーリなのですが、最初に一杯を飲んだ人が茶碗から口を離した途端、
思い切り両肩を落として泣き顔になるや、大きなため息とともに目をしばたたかせて
「は〜〜うめ〜」と感嘆の声をもらす個所があります。Youtubeで初老のころの演技が見られますが、
四十代のころはもっと大げさにやってのけていて、客席の若い女性の間から、思わず「いやっ」という
笑いを含んだなまめかしい声があがるほどでした。このように、江戸の芸でも悲しい表情やしぐさが、
逆に幸せの極みを表したりするので、バロックの感覚をあながち奇妙だと決めつけられないかもしれません。
かようなわけで、RV152の第二楽章が文字通り物憂げな感じを表しているのか(私にもそう聞こえます)、
それともそれとは対照的な何かを表そうとしたのか、ちょっぴり謎めきますね。

タイトル弦楽のための協奏曲
記事No2403   [関連記事]
投稿日: 2015/03/12(Thu) 23:22
投稿者リトルネロ
弦楽のための協奏曲の中に、「コンチェルト・リピエノ」と題するものがありますが、どういう意味なのでしょうか?

この題をもつ曲にRV158がありますが、第1、3楽章の軽やかな明るさに対し、第2楽章は何ともいえない物憂げな表情ですね。

タイトルRe^3: Beatus vir, RV 795について
記事No2402   [関連記事]
投稿日: 2015/02/19(Thu) 23:21
投稿者カーザヴェーチャ
これは偶然でした。1分差で書き込むとは!名無しさんが地球のどこにいらしゃるのか存じませんが、
ほぼ同時刻にコンピュータを前に同じテーマで書き込んでいたとは、ちょっとおもしろい感じがします。
おもしろいと言えば、気がつきませんでしたが、たしかにRV番号が数字のアナグラムになっていますね!

Dixit DominumRV594では第7曲"Judicabit in nationibus"と第9曲"Gloria patri"でトランペットが登場しますが、
ファンファーレ的な役割なので、それ以上の活躍となると指揮者のアイディアでしょうね。ティンパ二も。
Estonian philharmonic chamber choirですか…。うーむ、このごろバルトのあたりの動きが
ヴィヴァルディ・ファンとしては、良い意味でとても気になるのです。そのことについては機会を見て書き込みます。

タイトルRe^2: Beatus vir, RV 795について
記事No2401   [関連記事]
投稿日: 2015/02/19(Thu) 23:02
投稿者名無し
ありがとうございました。

私は声楽について全くの素人なのですが、「Peccator videbit」は、RV 597とRV 795ともに、かなり難曲のように聴こえました。
また、RV 597とRV 795とでRV番号の数字の並びが逆なのは、偶然なんでしょうけど面白いですね。

ところで、もう1枚、「Vivaldi: Salmi a due cori」というアルバムも視聴しました。
演奏は、Tonu Kaljuste指揮のTallinn chamber orchestra、合唱は、Estonian philharmonic chamber choirという団体です。
オーケストラは、オリジナル楽器ではありません。

収録されている曲の一つである、「Dixit Dominus, RV594」なのですが、オーケストラにティンパニが加わり、
トランペットも通常のバージョンより活躍していました。
恐らく、これも演奏者のアイディアなのでしょうね。

タイトルRe^2: Beatus vir, RV 795について
記事No2400   [関連記事]
投稿日: 2015/02/19(Thu) 23:01
投稿者カーザヴェーチャ
RV597との第8曲を改めて聴き比べ見ると。この2つの作品の間を流れた時間の中で、人々の音楽に対する好みがどのように
変わっていったかが、多少透けて見える気がします。衣服にたとえると、襟と袖口にパリッと糊を効かせてアイロンがけしたシャツが
バロック趣味だとすると、柔軟剤をたっぷり効かせたふわりとした質感のブラウスが、ロココ趣味だと言えるのではないでしょうか。

ヴェネツィア楽派を片隅に追いやり、ついにはヴェネツィア派のオペラの息の根を止めてしまったナポリ楽派の作曲家たち。
その代表的存在のハッセの作品にみられる、ある種の「ふにゃ感」は、音楽という感性の世界に限られてはいるものの、
宮廷や教会の空間を充たす「荘厳」「威厳」「権威」「豪壮」という言葉がぴったりな堅苦しさから人々を解放したのではないか、
社会的にみれば、サロン文化やますます高まる啓蒙主義の流れとどこかで通低するものがあったのではないかと思うのです。
宗教曲の世界でも、より甘美で繊細で軽やかな印象が求められる一方、劇的な要素はオーケストラの旋律線にゆだねられて、
歌の旋律が持つ劇的要素は次第に薄められていったような印象があります。

RV597では曲の展開が小節の線でかっちり分かれていますが、RV795ではアーティキュレーションの幅が広くなって、
そうした境界線があいまいになると同時に、和声もより多彩になっています。両曲ともPeccator videbit(悪しき者は見るだろう)まで
ゆったりとした旋律ですが、これにより「邪悪な者がじっくり見る」という情景を示しているものと思われます。
以下、語感がつかみやすいように(  )内に直訳しますと、続くet irascetur(そして怒るだろう)から速くなり、
コロラトゥーラが「悪しき者が怒り狂う」様を表すと、強く訴えるようにdentibus suis fremet (歯を打ち鳴らし)を
二回繰り返してからet tabescet(身は溶け去る)で一段落付けるという手法は両曲とも同じなのですが、その先のクライマックス
desiderium peccatorum peribit(悪しき者の願望は消え去る)の部分で、歌詞の扱いがRV597とRV795とでは異なっています。
RV597ではpeccatorum(悪しき者の)が二回繰り返されることで、「だれの願望なのか」に焦点が当て当てられていますが、
RV795では、desiderium peccatorum((悪しき者の願望は)が繰り返されることはなく、最後尾のperibit(消え去る)が三回繰り返されて曲が終わります。

音程の跳躍という面からみても、RV597のテノールの出だしは、ファ‐レ‐♭シ‐ミ‐ド‐ラ‐ファの3度・6度・5度・6度・3度・3度ですが、
RV795ではド‐レ‐ファ‐ミ‐ソ‐ファ‐レの2度・3度・2度・3度・2度・3度となっていて、音の跳躍幅がぐっと狭くなり、
シンコペーションを含む流麗な旋律が続くことで、全体的に安定感が増しています。コロラトゥーラについても、
旋律線が複雑になり他の音型も混ざりこむことで結果的にアーティキュレーションの幅が広くなっています。

タイトルRe: Beatus vir, RV 795について
記事No2399   [関連記事]
投稿日: 2015/02/19(Thu) 02:22
投稿者カーザヴェーチャ
"Vivaldi - Vespro a San Marco"(ヴィヴァルディ‐サン・マルコ大聖堂での晩課)は、
2011年にAmbronayからリリースされた アルバム[AMY029]ですね。 演奏はレザグレマン、
合唱はナミュール室内合唱団、指揮はアルゼンチン人のレオナルド・ガルシーア・アラルコーンです。

お聴き比べになったCDは、2000年にHyperionからリリースされたロバート・キング指揮の
キングズ・コンソートとキングズ・コンソート合唱団によるシリーズもののCD[CDA66809]ですね。

たしかに第2曲"Gloria et Divitiae"(栄誉と富は)の伴奏が、前者では弦楽器は低音部に限られていて、
通奏低音を受け持つオルガンが出張って、中音部はおろか高音部までも一手に引き受けています。
しかし、原曲はソプラノ独唱と弦楽と通奏低音のためなので、これはガルシーアのアイデアだと思います。
ヴィヴァルディはオルガンの右手が声部を担う場合はきちんと記譜していますから、
もしそうなっているのなら、キングズ・コンソートの演奏も同じであるはずです。

また、第8曲"Peccator videbit"(悪しき者は見るであろう)のほうも、ガルシーアはRV795の曲を
RV597の該当曲にそっくり置き換えて演奏しています。

というわけで、キングのほうが原曲に忠実な演奏になっています。