ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.823)の関連スレッドを表示しています。 ]

ついに「ピエタ」を舞台に小説が!! 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2009/10/14(Wed) 22:47:47 No.823  
すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、9月24日に、ポプラ社から数人の作家の作品を集めた短編小説集、
『ぼくの歌が君に届きますように』が出ました。大島真寿美さんの作品、その名もずばり『ピエタ』が掲載されていますが、
資料の綿密な読み込みをもとに書かれていて、登場人物の背景にある時代考証がしっかりとしている本格的な音楽小説です。

主人公は、ピエタに実在した名ヴァイオリニスト、アンナ・マリーアと、小説のために作られた架空の人物エミーリアで、
ヴィヴァルディの訃報が届いたばかりのピエタを舞台にストーリーが展開していきます。なんとも言えない柔らかなタッチで、
二人の心に今でも生き生きとよみがえる恩師ヴィヴァルディとの心の交流が温かくもほほえましく描かれていて、
読後感のとてもさわやかな作品になっています。ぜひ、ご一読をお勧めします。

- Joyful Note -
Modified by isso