ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.619)の関連スレッドを表示しています。 ]

昨日は誕生日 投稿者: パール 投稿日:2009/03/07(Sat) 02:35:28 No.619  
こんにちは!
昨日3月4日はヴィヴァルディの誕生日でしたね。1678.3.4生
5日に変わる40分ほど前(午後11時20分)、テレビを視ていたのですが、その中である女性タレントが「今日私の誕生日」と発言した途端、脳に「今日はヴィヴァルディの誕生日」という稲妻が走り、確認したらやはりそうでした。
ここのところ、イタリアのバロックから古典期の作曲家について調べており、ヴィヴァルディからどれくらい後の人か?を中心に生年についてもメモしており、それでタレントの発言に反応したのだろうと思います。
トレッリ(1658.4.22生)のクリスマス協奏曲は、素朴な民謡調が好感もてますね。
ロカテッリ(1695.9.3生)の作品3「ヴァイオリンの技法」全12曲中第1番と第2番は印象に残ります。
第1番の清水が勢いよく噴き出したような溌剌さ、第2番のヴィヴァルディかと思わせる旋律。
イ・ムジチ合奏団 マリアーナ・シルブ(ソロ・ヴァイオリン)で聴きましたが、彼女の演奏テクニックも素晴らしいし、女性らしい優美な“しな”もお見事です。
ベニス・バロックオーケストラとカルミニョーラもCDを出していますが、未聴です。第1番・2番・10番・11番の録音のようです。
第2番の第1曲、演奏開始から25秒後あたり(7小節目ー)が、ヴィヴァルディの何かに似ていると思い考えたところ、ビデオ『バロックの巨匠 ヴィヴァルディ』の冒頭、暗闇の運河をゴンドラが静に流れるように進む場面で流れる曲、歌劇「アルシルダ」序曲(RV700)第2楽章であることがわかりました。印象が似ていませんか?
胸がキューンと締め付けられ、クラクラしました。
ヴェラチーニ(1690.2.1生)の「序曲と協奏曲集」第1・2集(NAXOS)を聴きましたが、音楽に品性の良さを感じ早く「ヴァイオリン・ソナタ」を聴いてみたいものだとCDの到着を心待ちにしています。
ヴィオッティ(1755.5.12生)は、もしモーツアルト(1756.1.27生)がいなかったらモーツアルトの位置にいたのではないかと思いました。生年が1年違いだと音楽もとても似てくるのですね。
同時代の作曲家の同様な例として、レスピーギ(1879.7.9生)とヴェネツィア生まれのジャン・フランチェスコ・マリピエーロ(1882.3.18生)。マリピエーロの曲を聴いていて、レスピーギと同じ響きをもつ部分があり、同時代の為せるところかと・・・。

(このご投稿は、2009/03/05(Thu) 18:59にBBS4に頂いたものですが、内容からよりふさわしいこちらへ移動させていただきました。−管理人)



お手数おかけします パール - 2009/03/07(Sat) 23:51:39 No.622  

カーザヴェーチャさん、お手数おかけします。
このところ迷惑メールが多くて大変ですね。



とんでもない カーザヴェーチャ - 2009/03/09(Mon) 21:10:19 No.627  

パールさん
いつもお書き込みをありがとうございます。また、BBS4では修復作業の不具合から、スレッドの順番の乱れが直らず申し訳ありません。
CDもいろいろと出て、ロムして下さる皆様にお伝えしたい情報がたくさんあるのですが、纏める時間がなくてもどかしい思いをしております。

ご指摘のとおり、迷惑投稿が毎日律儀に寄せられますが、プログラムで送りつけてくるものは、葛の葉さんのご支援で、
自動的にはねつけられるようになりましたが、一回一回スレッドを立ち上げて手書きしてくるものが残ります。
しかし、いい歳をした大の大人がやや歪んだタイプのセックスを選んで、画像とリンク先まで貼り付けて、せっせと書き込む姿は、
滑稽を通り越して悲哀感が漂います。なんという悲しい人生を歩んでいるのでしょう。書き込んでくる輩は、男か女かわかりませんが、
性交渉ができない哀れむべき性的不能者または性交渉があっても快感を得られない不感症患者か(原因は外傷、疾病、ストレス、
性に関わる深い心の傷といろいろ)、あるいはまた、余りの醜さ、貧しさ、変わった性的嗜好などから異性に逃げられてしまい、
結局は妄想の中に生きるしかなく、鬱勃悶々として不満が爆発しそうな毎日を送っている孤独な人間なのではないでしょうか。

- Joyful Note -
Modified by isso