ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.587)の関連スレッドを表示しています。 ]

はじめまして 投稿者:alegre 投稿日:2008/09/30(Tue) 21:05:53 No.581  
 ヴィヴァルディ専門サイトがないかどうか探していて、たどり着きました。お邪魔致します。
 
 私も最近バイオリンを習い始め、ヴィヴァルディを弾くようになりました。弾くのは難しいですが、せっかくレッスンで出会った作曲家の作品を、もっとじっくり味わおうと思い、「四季」やいくつかの協奏曲が入ったCDを買って、毎日聴いています。

 私にとって、ヴィヴァルディを聴くことは素晴らしいストレス解消法となっています。言葉ではうまく表現できないのですが、気持ちの浮き沈みが激しい私と、時に劇的なヴィヴァルディの旋律が、見事にシンクロし、心のしこりが解きほぐされていく感じがするのです。

 まだお邪魔したばかりで、拝見していないところが沢山ありますが、また時間ができた時に、いろんなコンテンツをじっくり読ませて頂きます。失礼致しました。



Re: はじめまして カーザヴェーチャ - 2008/10/04(Sat) 13:48:05 No.583  

alegreさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

HNから判断すると、スペイン語かポルトガル語がおできになるのでしょうか。
素人の運営するサイトですが、なるべくいろいろな専門家の書いた情報を集めて資料にするように努めています。

残念ながら、仕事の関係上、都会と田舎の二住暮らしを余儀なくされていて、
移動のたびにヴィヴァルディについて集めた膨大な資料を一緒に持ち運ぶわけにはいきませんので、
作業やレスが滞ったりします。Studi Vivaldianiも2005年度の出版の遅れからか何かとごたついて、
その後の巻もまだ手元にない状況です。定年退職後はサイトに専念できますが、
それまでは不定期に忙しくなりますので、なんとも歯がゆい限りです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



Re: はじめまして alegre - 2008/10/04(Sat) 19:57:25 No.585   HomePage

 カーザヴェーチャさま、お返事ありがとうございます。
そうでした、イタリア語の心得がおありの方でしたね。申し遅れました・・・私は素人なりにポルトガル語を専門としております。ヴィヴァルディとポルトガルの接点があるのかどうかは、まだわかりませんが、これからいろいろ探っていきたいと思っております。

 蛇足ながら、ポルトガル語翻訳ブログのリンクをはらせて頂いて失礼いたします。数日前の日記でヴィヴァルディのことにも軽く触れております。

 こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。



Re: はじめまして カーザヴェーチャ - 2008/10/05(Sun) 00:36:40 No.586  

やはり、ポルトガル語がお出来になる方でしたか。ポルトガル語翻訳ブログも拝見しました。
詩歌を翻訳されるだけのお力があるのですね。とても、素人の翻訳とは思えません。

ヴィヴァルディとポルトガルの接点と言えば、作品1のトリオ・ソナタ集第12番の"La Follia"『ラ・フォッリーア』
(日本では『ラフォーリア』と言い慣らされていますが)があります。大先輩のコレッリの作品に倣ったのですが、
この舞曲はポルトガルに生まれて隣国スペインに飛び火してあっという間にイタリアに渡りました。
おそらく、ナポリ王国がスペインの支配下にあったからだと思います。コレッリの活躍したローマと目と鼻の先ですから。

ところで、スペイン語ではこの舞曲はlas foli'asと複数形なのですが、イタリア語では単数形です。発祥の地のポルトガルでは、
スペイン語と同様as foli'asと複数形で使うのですか?しばらく留守にしますので、ご返事は急ぎません。ただ好奇心からです。
では、Ate' breve.

(文字化けを避けるため、アポストロフィをアクセント符号の代わりに用いました。)



Re:はじめまして alegre - 2008/10/05(Sun) 13:40:58 No.587  

貴重な情報ありがとうございます。確かに「folia」という単語は、どこかで聞いたことがあったように思います。ネット辞書や、ネット上でのこの言葉の使われ方を調べた範囲では、ポルトガル語では単数形の方が優勢かな?という感じがします。さぞかし、にぎやかな舞曲なのでしょうね。まだポルトガル本場のものは聴いたことがないので、いつか聴いてみたいものです(ヴィヴァルディのものは、こそこそとyoutubeで鑑賞しました。なかなか優雅でした)。

- Joyful Note -
Modified by isso