ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.576)の関連スレッドを表示しています。 ]

弾きやすい短調 投稿者:Tallis 投稿日:2008/09/09(Tue) 10:55:26 No.574  
お久しぶりです!
最近、ヴァイオリンを音楽の勉強のために独学で始めました。短調の音階練習についてですが何調が一番弾きやすいのでしょうか?よろしくお願いします。



Re: 弾きやすい短調 カーザヴェーチャ - 2008/09/10(Wed) 01:23:56 No.575  

Tallisさん、お久しぶりです。

ヴァイオリンの独学をお始めになったということは、ハ長調からの音階練習でしょうから、
一番弾きやすい短調は、指のポジションがハ長調のままで弾けるイ短調ということになります。



Re: 弾きやすい短調 Tallis - 2008/09/10(Wed) 15:37:35 No.576  

カーザヴェーチャさん、コメントありがとうございます。
イ長調からの練習でした。ヴァイオリンを購入した時に付いてきた簡易なテキストにそう書いてあったもので。この場合は平行調の嬰ヘ短調が指のポジション的には一番弾きやすいということになるのでしょうか?



Re: 弾きやすい短調 カーザヴェーチャ - 2008/09/10(Wed) 18:22:33 No.579  

どうも奇妙で、にわかには信じられないテキストですね。

ポジション移動で3の指は極めて大事です。ハ長調で音階練習を始めるのは3の位置が4つの弦とも同じだからです。
イ長調の3の位置はG,DではA,Eでよりも半音高い位置になります。これでは、イロハから始める初心者には無意味どころか有害です。

速やかにそのテキストを荼毘に付すと共に、誰か良い先生について演奏法を覚えてください。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロは、楽器の構え方、弓の持ち方を実際動かしながら教わらないと、演奏法が身に付きません。
ピアノ、オルガンなどの鍵盤楽器のように、ドメニコ・スカルラッティではありませんが、猫がその上を歩いたって、
ひとつひとつ正確な音が出るという楽器ではありません。また、ギター、ウクレレ、マンドリンのように、
フレットが付いていませんから、調弦さえ間違えなければ誰でも正確な音が出せるという代物でもありません。

なぜヴァイオリン族の演奏法の習得が大変かと言うと、音はすべて演奏者が作るものであり、
たとえ指が正確な音を出す位置にあっても、弓が正しく使えていなければとんでもない音が飛び出すし、
しかも弓使いによって千変万化の表情を与えていかなければならないからです。

では、良い先生に恵まれることを祈っております。

- Joyful Note -
Modified by isso